前へ
次へ

契約締結は不動産売買契約書を用いて行う

売主と買主との間では、条件や金額など様々な交渉を行いますが、それらの話し合いもできたら、不動産売買契約へと進みます。
大きなお金が動くことになりますので、お互いの希望や費用面のことは、決して曖昧にすることはできません。
売買契約書は仲介役となる不動産会社に、正式な書面を作成してもらいます。
細かい内容がいくつも書き連ねられていますが、それらはお互いにすべてを確認しながら、慎重に進めていくことも必要です。
片方だけが理解しているのではなく、双方での十分な理解と納得が無ければなりません。
契約内容を十分に確認をするのと同時に、買主側の動きも必要となります。
物件に関わる調査をしたり、購入時に住宅ローンを利用するケースは多いため、事前のローン審査なども必要です。
不動産における重要事項に関しては、宅地建物取引士による書面の、重要事項説明書を交付しての説明も必ず行われます。
法律上義務付けられている書面であり、売買契約締結はこの契約書を用いてとなるのが流れです。

Page Top