前へ
次へ

不動産売買査定時にははっきり売主として意見を

不要な不動産は売買するのが賢い方法であり、価格査定をしてもらう際に、意見をはっきり言うことも必要です。
公正中立の立場となるのが、あいだに入ってくれる不動産会社ですが、売買の際には営利目的ということも忘れてはなりません。
査定依頼をしてくる顧客のことも考えながら、自社にとっても有利になることを考えるのは当然だからです。
募集をするとしたら期出るだけ、安い価格でという気持ちも出てきます。
すべてを任せてしまうと、相場よりも少しだけ査定額が、低くなってしまう可能性もゼロではありません。
依頼をする側は売主なのですから、意見をはっきり言うことに中朝する必要はないです。
売り主だからこその見解、および意見を最初に伝えるようにします。
まかせっきりにすることなく最初に意見を述べておくと、相場に関わるある程度の知識もインプットしているのを、さりげなく伝えられるのも利点です。
知識がある相手にごまかしは効きませんから、適正な数字での査定額を出してもらうことができます。

Page Top